Back  照明について(校内公演)


○地明かり
特にこだわらないのであれば、天井の蛍光灯で構わないでしょう。もちろんその場合、「フェードイン/ フェードアウト」はできませんが。
調光可能な白熱灯で地明かりを作るには、ある程度の数の灯体を用意し、教室の頭上に照明吊り込み用の 「やぐら」を組み上げる必要があります。 重たい灯体を安全に配慮しつつ吊り込み、思い通りの配線をするわけですから、かなりの機材と技術が必要です。
地明かりは、光の丸い輪郭があまり明確にならないよう、床面全体を照らしたいものです。 そのため、地明かり用の灯体のレンズは「フレンネル」タイプのものが理想です。
  
   左が平凸、右がフレンネルのレンズ

○スポットライト
地明かりではない、いわゆる「スポットライト」といえば、役者の頭上から当たる「トップサス」、 客席後方から舞台に向かって丸い光が当たる「(フォロー)ピンスポット」をさすことが多いと思います。
普通教室等でトップサスをつり込むのは、仕込みの手間からも、安全面からもなかなか難しいことです。
学校に行事で使うようなピンスポットがあるなら、多くの場合それで代用することができます。 照明器具を机の上(観客の頭にかからない高さ)に上げ、やや高めのポイントから照らすだけで トップサスに似た効果を十分引き出すことができます。
ピンスポ用の照明には、たいてい(アイリス)シャッターが内蔵されています。 光の丸の大きさを大きくしたり絞り込んだりして調整することが、フェードイン/フェードアウトの代替となり得ます。