Back  衣裳・メイク  

○ 仕事内容
キャストの衣裳案、メイク案を作成し、実際の衣裳やメイク道具を準備・管理します。
作品世界の視覚化に大きく貢献する仕事です。そのため、演出担当と よく話し合いをして、衣裳、メイクの方向性を決定します。

もともと部が所有する衣裳、新しい衣裳を作る資金が豊富にある部など (少なくとも群馬県内には)ほとんどないでしょう。 現実的には、(特殊な衣裳を除いて)部員達の私服を融通し合うことも多いと思います。
その場合も、専門の衣裳担当者がいると、一括管理ができて上演当日に忘れ物を したり、といったことが防げます。
必ずしも、担当者が現物を一ヶ所に集めて持ち運ぶという意味ではありません。 靴などは特に各自で用意することも多いと思いますが、その場合、「各自で用意し、 持ち運ぶことになっている」こと、また、「用意ができている/まだ探している最中である」 といった情報を把握しておく人が必要で、それが衣裳係です。