Back  舞台装置・舞台美術について(大会等)

○扱える範囲の装置を
立派な装置を作る方が良いに決まっていますが、高校演劇の場合、合同公演・コンクールでは搬出入に時間的制約があります。 (上演の幕間は、地区・県・関東大会で20分、全国大会で30分程度が最近の流れです。)
建て込み10〜15分、撤収5〜10分程度でできる舞台装置をデザインしましょう。 どれくらい大がかりな装置が実現できるかは、部員の数と訓練度によります。
部員が多ければ大きな装置を短時間で組めるし、 搬出入・建て込み・バラシの練習をたくさん積めば確実に時間も短縮できます。

○舞台の世界は尺貫法
舞台関係は、長さの単位に今でも尺貫法が多用されます。
最低限、下記ぐらいは覚えて下さい。
  
  1寸=約 3.03cm
  1尺=約 30.3cm 3尺=約 90.9cm  
  1間=6尺=約 1.82m
  
ベニヤ板が91cm×91cmとか91cm×182cmという規格で売られているのは、実は3尺×3尺、3尺×6尺のことです。 畳1枚の縦横も、短辺3尺×長辺6尺です。この大きさを「サブロク」と呼んでいます。
学校の教室も、引き戸、窓、床のタイル等、ほとんどが約30cmの倍数の寸法になっています。
畳2枚分(3尺+3尺)×6尺=「ロクロク」。 ( 1.82m×1.82m=約3.3m2でいわゆる「1坪」)
劇場でもらえる舞台平面図には升目状の線が引かれていますが、これは「一間マス」といい、1.8m間隔で引かれて いる線です。正方形ひとつがロクロクの大きさ(畳2枚分)となります。

○パネル
舞台上で「室内」、屋外の「壁」を表現するのに、いわゆる「パネル」を使用することが多いと思います。 一度作れば、塗装や壁紙を張り替えるだけで何度も使い回せるので、伝統ある演劇部であれば、 すでに何枚か持っている所も多いでしょう。
(歌舞伎などでは、平面に絵で室内を描いた「書き割り」・風景を描いた「遠見」が使われますが、 高校演劇ではあまり盛んではないようです。)

輸送や搬出入の都合上、パネルは分割できるように作製します。
大きなベニヤ板がサブロク(91cm×182cm)で販売されていることもあり、サブロクかロクロクのパネルを作製する学校が多いです。 可能であれば上にあと2尺(約60cm)足して8尺(約240cm)にできるとなお良し。


    6尺のパネルを建てた例

    8尺のパネルを建てた例

例えば群馬会館のステージは、幅が約11m(6間)あります。 ということは、群馬会館の舞台の上手から下手までパネルを建てるには、ロクロクのパネルなら6枚、 サブロクのパネルなら12枚必要です。



「人形立て」は、パネル類を垂直に立てるのに使う道具です。
会館の付属品としてあることも多く、あれば借りることもできます。 立て木の長さは、3尺、6尺、9尺などです。
蝶番を使ってパネルに直接固定したもの(運ぶときは折り畳む)を作る学校もあります。



安全性を考えれば、
「パネルに横木を渡して連結(釘or木ネジ)、人形立てと床も釘打ち固定」
ぐらいやりたいものですが、搬出入の時間短縮、道具の保管場所等を考えると、
「パネル同士をクランプで固定、人形立てには重し(シズ)を置く」
程度にすることが多いです。
床への釘打ち/ガムテープ貼り不可というホールもあるので、打ち合わせ会でよく確認しましょう。

B型クランプでパネル間を締め付けて固定する

人形立てに重し(シズ)を載せる

○平台・開き足・箱足・木足
たいていの劇場には、施設付属品として「平台」というものがあります。
劇場にある平台の規格は通常、ニロク(2×6尺)、サブロク(3×6尺)、シロク(4×6尺)、 ロクロク(6×6尺)といったものです。高さ(厚み)は通常4寸=約12cm。
これに「足」を付けて高さを出し、舞台上に高さの違いを作ったりすることができます。
出すべき高さに応じて、何種類かの「足」があります。
・開き足… 高足=2尺4寸=72cm、中足=1尺7寸=51cm。
      平台と組み合わせて 高足=2尺8寸=84cm、中足=2尺1寸=63cmの高さを出します。
      最も低いもの常足=1尺もあり、1尺4寸=42cmの高さを作ります。
      箱足で代用できるので、常足の開き足を持たないホールもあります。
・箱足…… 箱馬とも言います。一般に6寸×1尺×1尺6寸or7寸の大きさ。
      平台と組み合わせて、6+4寸=30cm、1尺4寸=42cm、1尺6+4寸=60cmの高さを作れます。
・木足…… 材木を切ったものです。3寸×3寸×3尺ほど。
      平台と組み合わせて、6+3寸=27cmの高さを作れます。


高さを出した平台の前や側面には、通常「蹴込み(けこみ)」と呼ぶ板を立てます。 ホールに用意されていることが多いですが、灰色等に塗られた一枚板です。 装飾を施したりする関係で、自校で用意することもあります。
開き足で組んだ平台の前部を薄布を垂らす程度にすると、ホリゾント・ライト使用時に透けて見えたりします。

平台を組んで高さを出したところに走り込んだり飛び乗ったりするような演技がある場合は、かなり頑丈に固定する必要があります。 平台へ「釘打ち可」かどうかについては、劇場によって異なります。打合会などで確認して下さい。