Back  照明について(大会等)

照明効果は、役者の演技がよく見えるように引き立たせるほか、演技・舞台装置だけでは 伝わらない情報を観客に与える重要な役割を担っています。

○照明の種類

ホール等で上演する演劇で使用することの多い照明効果は、以下の通りです。

 ・地明かり
 ・前明かり(フロント,シーリング)
 ・ブッチガイ(ブッチ)/ナナメ
 ・ホリゾントライト
 ・トップサス(いわゆるスポットライト)
 ・ステージサイドスポット
 ・フォローピンスポット(いわゆるピンスポ)
 ・特殊効果・特殊な照明

○地明かり
舞台の上から床を照らします。舞台上をまんべんなく塗りつぶすように照らします。
高校演劇の照明初心者がよくやるミスは、地明かりだけ照らして前明かり(フロント/シーリング等)を照らさないことです。
地明かりだけでは、役者がちょっと下を向いたりするだけで顔が影になり、表情などを見せることが難しくなります。
白色光だけでなく、カラーフィルターを仕込んで色付けした地明かりを仕込むこともあります。
・青色の地明かり
夜、暗い室内、水中などを表現するのに使います。
演劇には、「舞台上の暗い所=”見えない所”として扱う」「真っ暗=場面転換中」など、いくつか暗黙の了解事項があります。 物語上で「暗闇の場面」を作る場合、通常は一般的には青の地明かりで「暗さ」を表現=伝達し、役者の演技自体はしっかり見せる照明作りをします。 本当に真っ暗な中で芝居が続く(実際何も見えず、声だけが舞台上に響き続ける)のは、 そうした伝統的な約束を壊していることになるので、あまりお勧めできません。 (もちろん厳密なルールがあるわけではないので、演出上必要と思われるならナンデモアリですが。)
・赤色の地明かり
夕暮れ、火事、空襲のシーンなどに使います。 地明かり、前明かり、ホリゾントまですべて真っ赤にしてしまうと、相当強烈な印象になります。 ほどほどに。

○前明かり
舞台(プロセニアムアーチ)より前から舞台上を狙って照らし、観客から見た役者の顔、舞台装置などを明るくします。
特に、緞帳の位置より前へ出てきて演技する場合などは、地明かりでは役者の背後しか照らせないので、 前明かりがないと顔が真っ暗になってしまいます。
前明かりといえば、一般にシーリングライト(CL)とフロントサイドライト(FR)のことを指します。 厳密にいえばそれぞれ異なる働き・効果を持つ照明ですが、あまり区別せずに、まとめて「前明かり」と考えて使って構いません。

左がフロントライト・右がシーリングライト(群馬会館)

・シーリングライト(CL)
文字通り、天井から舞台上を狙います。 1〜2列に横並びで並んでいて、ひとつの回路でコントロールすることも、いくつかの回路に分けることもできます。 仕込みの段階で上手、中央、下手といった感じで回路を分割し、場面によっては舞台中央だけ照らすといったことも可能です。
1本だけ独立させて、トップサスなどと組み合わせて使うこともあります(後述)。
灯体の位置の関係で、フロントサイドライト(FR)と比べると、舞台奥まで光が届きます。

・フロントサイドライト(FR)
プロセニアムの横、側面の壁上方から舞台上を狙います。シーリングより近いので、比較的強い光が使えます。
通常、1列2〜3灯×複数列あり、各列を切り替えて点灯できます。 灯体の位置の関係で、シーリングライト(CL)と比べると、舞台奥にかからずに床や装置を照らしたり、 舞台中央に光を集めたりすることができます。
白色のほか、カラーフィルターを入れた列を作って様々な効果を出すことができます。 シーリングに色を入れることも可能ですが、天井までいかないとカラーフィルターの交換ができません。 コンクール等、合同公演では色交換を頻繁に行うにあたっての手間の問題で、フロントに色を入れることが多いようです。

○ブッチガイ(ブッチ)/ナナメ
地明かりの光は、舞台の上に吊された灯体のほぼ真下に向かって広がり、床全体を照らします。 前明かりの光は、人物の前面をとらえてしぐさと表情を浮かび上がらせます。
ブッチガイ(ブッチ)はこれに対して、照明バトンの両端から床方向、高い位置から斜め下に向けて狙います。 地明かりと前明かりの隙間を埋めて、その補助をするともいえる照明です。
上手側灯体は下手床に向けて、下手側灯体は上手床に向けて光を当てることで、舞台中央の、人の顔の高さぐらいが一番明るくすることが可能です。 狙いを絞って、舞台奥の構造物等に光を当てずに中央付近の人物だけを浮かび上がらせたり、 上手/下手の光量を調整して、独特の陰影を付ける演出も可能です。
(斜め)上から照らすので、後述のステージサイドスポット(SS)に比べると、役者の立ち位置がらみの影が出来づらい照明です。 一方、微調整や色替えにはバトンの昇降が必要となり、合同公演の幕間では調整がSSより難しいともいえます。