Back  リハーサル(大会等)

劇場・ホールでの大会・合同発表会に参加する場合は、必ずといっていいほど、一定の手順に従ったリハーサルを行います。
リハーサルを無事に終了することは、上演の成功にとって非常に、非常に、非常に重要です。


各大会・発表会、使用するホールの方針によって細かい違いはあるものの、だいたいどこでも同じような流れで進行します。
例えば、群馬会館で推奨している「HOW TO リハーサル」は次のような流れです。

(1)大道具、舞台装置の設置・音響の設置
    大道具を運び込み、舞台装置の位置を確定します。
    これが決まらないと照明のシュートができません。
    位置が決まったらバミります。
    複数の学校で舞台を共用するのですから、バミリテープは必要最小限になるよう、工夫しましょう。
    照明室に入った人は、色作りや照明の練習が早くしたいことと思いますが、大道具の設置中は、
    作業灯を消さないで下さい。
    音響は、会館の設備を借りて使用する場合は問題ありませんが、ミキサーや音源(デッキ、ラジカセ、
    サンプラーなど)を持ち込んで会館のアンプに接続したい場合もあると思います。その場合は、
    スタッフの方の指示を受けながら機材を接続します。

(2)トップサスのシュート
    上から光を当てたい装置や人の立ち位置を決めた後、実際にトップサスを当てます。
    初案で当ててみた後、光の丸の大きさ、角度を調整します。
    人の位置が決まったらバミります。

(3)SS等のシュート
    横から光を当てたい装置や人の立ち位置を決めた後、実際にSSを当てて調整します。
    人の位置が決まったらバミります。
    照明のシュートは会館スタッフの方が実作業を行います。これが終わらないと色作りはできません。

(4)袖幕の位置決め
    忘れがちですが、舞台空間のイメージに合わせて袖幕を適切な位置までせめます。
    位置が決まったら床またはロープにバミります。

(5)各シーンの照明作り
    シーンごとに照明の色、明るさ等をキューごとに確認してゆきます。
    各キューごとにあらかじめ見当をつけて記しおいた光量でまずは作って舞台を眺め、微調整をします。
    プログラム(打ち込み)で使う設備なら、確定したキューを順次記憶してゆきます。
    (暗転もひとつのキューに数えるなど、プログラムの場合の約束もいろいろあります)
    マニュアル操作の調光卓を使用する場合は、実際に確定した光量をキューシートなどにメモしてゆきます。
    (細かくメモしても実現できないので、0〜10段階程度に区別してメモすることが多いようです)
    おそらくこれが一番時間を食う作業です。あまりこだわりすぎると、きっかけ合わせの時間がなくなります。

(6)BGM、SEの音量調整
    照明の色作りと並行してできます。
    上演で使う音響(BGMやSE)の音量を確認します。
    ホールごとに機械が違うので、可能な限りすべての音について一度出力してみて、聞こえ具合を確認します。
    IN(聞こえ始め)〜MAX(最大音量)〜OUT(最後の音量)を確認します。
    役者の音にかぶせる所は実際に声を出してもらい、かぶせて確認します。
    出力レベルが確認できたらキューシート等に メモしてゆきます。

(7)きっかけ合わせ
    装置、音響、照明が確定したら、それが連動する様子を実際にやってみます。
    開演、終演のシーンは必ずやりましょう。
    高校演劇では、緞帳の上がり/下がりが開演/終演を意味することが多のですが、多くの場合、緞帳の操作は
    会館スタッフが行い、生徒はそのキュー出しをする形です。
    時間は限られているので、確認する必要度の高いシーンをあらかじめいくつか決めておきます。
    また、主催者・会館スタッフから確認を要請されたシーンは必ずやりましょう。
    きっかけ合わせは持ち時間のギリギリまでやらず、リハーサル終了の5分前ぐらいまでに終えます。
    時間が許せば、本番通りのゲネ・プロができるのがベストです。

(8)片付け〜撤収
    次の学校に舞台を明け渡すため、舞台装置の撤収と片づけ、そうじなどを行います。
    必要なバミリがすべてできているか確認します。
    舞台上、袖、楽屋などに忘れ物が確認します。
    照明係は、自校のリハーサルが終了したら必ず客電と作業灯をつけた状態に戻して退室します。


リハーサルでは、あらかじめ決められた動きを行う演劇上演そのものに比べ、 各人が比較的自由に舞台上を動き回ります。 そういう時ほど、一般に注意すべき「舞台上の心得」を意識しなければなりません。