Back  大会の日程

○群馬県の高校演劇 主な大会(平成29年現在)

☆高校芸術祭演劇部門
(群馬県高等学校総合文化祭演劇部門)

全国大会までつながる年に一度のコンクール形式の大会です。

(1)地区大会(中毛/東毛/西毛/北毛の4地区)
 9月中旬から下旬にかけて開催。
 各地区の出場校の中から計10校が県大会に進みます。

(2)県大会
 11月中旬に開催。
 最優秀賞1校、優秀賞1校が関東大会に進みます。

☆スプリングドラマフェスティバル
 春休み期間に開催。太田・館林地区の高校が参加。

☆西毛地区春季大会
 GW中に開催。高崎・安中地区の高校が参加。

☆中毛地区春季大会
 GW中に開催。前橋・伊勢崎地区の高校が参加。

☆水曜劇場
 12月、3月に開催。桐生地区の高校が参加。


○大会の日程・大まかな流れ

群馬県高校芸術祭の場合、以下の日程で進みます。

---地区大会---

(1)参加表明
各地区幹事校に参加の連絡をします。
各地区大会の「参加校数」は、以下の事項に大きな影響を与えます。
★日程組み
参加校数は、リハ・本番の日程を組む上で重要な要素です。
★県大会出場枠
地区から県大会に何校進めるかについては、
「各地区参加校数が5の倍数校ごとに1校」
というルールがあります。

上記の理由から、地区大会のエントリーは「大会の1ヶ月前」までとします。 例年、8月上旬ごろになります。残り1ヶ月を切って以降は、諸事情により出場を辞退しても「参加校」にカウントされ、 大会参加費は返却できません。

(2)各地区顧問会議
大会参加費を徴収し、上演順・リハ順を話し合います。
既成作品を上演する学校は、「上演許可証」を提出します。
顧問会議は行わずに「出場校打合せ会」ですべてを話し合う地区もあります。
大会参加費は例年、以下の金額となります。
 中毛地区=20,000円
 東毛地区=10,000円
 西毛地区=20,000円
 北毛地区=10,000円
(正確には、大会規定により毎年ごとに決定されます。)

(3)出場校打ち合わせ会
地区大会だと8月下旬〜9月初旬に開催されます。
上演順・リハーサル順・役割分担を決定します。
大会参加費、上演許可証、審査員用台本、パンフレット原稿等をここで提出します。
通常は会場(ホール)下見を兼ねます。
会館スタッフ・委託業者と舞台装置/音響/照明についてヒアリングがあります。
・ヒアリング用に舞台平面図・道具リスト/照明仕込み図・当たり図/著作権関係調査票などを持参します。
・ヒアリングの際に「後ほど連絡」となる事項もあります。 (他校のプランとの兼ね合いで実現できるかもしれないし、できないかもしれない要求については、 全校の要求をまとめてから判断が下されます。照明の種類と数、吊り物関係でよくあります。) 特殊な要求は却下される可能性を考え、「第2案」も考えておいて下さい。

(4)リハーサル
通常は上演の前日(場合によっては当日)、舞台上に道具を持ち込み、舞台装置の配置、 音響照明の仕込み、きっかけ合わせなどを行います。
そのため、リハ前に大道具の搬入があります。車の都合等でリハ直前より前に搬入を行い、 保管しておかねばならない時は、打合会でよく話し合いをしておきます。
リハ後、大道具は撤収し、幹事校の指示した保管場所へ移動します。
ヒアリング以降、大道具、照明プランの変更はできないものと思って下さい。
リハの時になって急にいろいろな要求をしても、たいていの場合、聞き入れられません。

 ≫リハーサルの詳細

(5)大会本番
自校の上演、役割分担で決めた係の仕事などがあります。
上演終了後、大道具の搬出があります。車の都合等で搬出時間を上演直後以外にしなければならない場合は、 打合会でよく話し合いをしておきます。
高校芸術祭(コンクール)では、開会式/講評/閉会式も重要な要素です。 それらに参加することを前提としたスケジュール作りをして下さい。
審査員講評の後、成績発表と表彰があります。


---県大会---

(1)参加校決定
各地区優秀賞が県大会出場校に推薦されます。
推薦後、事情により県大会出場ができなくなった学校が出た場合、その地区の次点校が繰り上がります。

(2)出場校打ち合わせ会
例年、10月上旬〜中旬に実施されます。
内容は地区大会と同じです。
・大会参加費の納付(20,000円)、上演許可証(地区+県)の提出
・上演順、リハ順、係分担の決定、ヒアリング

(3)リハーサル
基本的に、地区大会と同じ流れです。

 ≫リハーサルの詳細

(4)大会本番
基本的に、地区大会と同じ流れです。
審査員講評の後、成績発表と表彰があります。
県大会最優秀賞1校+優秀賞1校=計2校が関東大会出場校に推薦されます。