Back  舞台上の心得(大会等)

合同の大会、コンクールに参加する場合は、主催者を通じて「舞台上でやってはいけないこと」の 説明があると思いますが、たとえその説明の中になかったとしても、 舞台上には、舞台の世界特有の約束事・不文律がいろいろとあるものです。
ここでは、高校演劇の世界において、舞台関係で指摘される事柄を中心に取り上げます。

○舞台上の行動
靴はスニーカーなどゴム底のものが良。静かだし、すべらない。
舞台上はとにかく走らない。それ自体が危険だし、走ると焦る気持ちが高じて事故を誘発します。 リハーサル時に客席を移動する時も走らずに。

○あいさつ・返事
ホールでの演劇は、施設の舞台スタッフが専門的な仕事をしてくれて初めて成立します。 関わってくれている人すべてに対して、感謝の気持ちをこめて、元気にあいさつをしましょう。
舞台上は、実は危険がいっぱい。バトンや緞帳が頭に当たればけがをします。 大道具が倒れてくるかもしれません。あなたが作業の進行を止めてるのかもしれません。 どこからでも、誰からでも、声がかかったら必ず反応! 飛び交う声に必ず耳を傾け、必ず返事をしましょう。
黙っているのが最悪です。理解できなかったのに「はい」というのが次にダメです。 わからなかった時は「もう一度お願いします」、まだの時は「まだです」、待ってほしい時は 「待って下さい」と答えればいよいのです。

○袖幕について
基本的に、「袖幕には触れない」ように心がけます。手でも、大道具・小道具でも。
多くの場合、劇場の袖幕はビロード地の大きな一枚布です。汚したり、破損したりしたら 損害は大変なことになります。許可なく触らないつもりでいるのが一番です。 大道具の搬出入の時に、大きなパネル等で引っかけてしまうことも多いので要注意です。

○バミリテープ
合同公演・コンクールでは、複数の学校が舞台を共有します。各校はリハーサルで確認した 大道具、照明の当たり位置はバミリテープで印をすることになりますが、テープの大きさと量は 最小限にとどめましょう。多くの学校が、多量のバミリテープを貼りまくると、 床が星空のようになってしまい、見栄えが非常に悪くなります。
ポイント
 ・市販のビニールテープ(幅19mm)を半分に切って、9mm×3cm幅で使うくらいがよい。
 ・連続するパネルは、両端(とせいぜい中に1ヶ所)バミれば置ける。
 ・机、イスなど四角いものは、2ヶ所バミれば置ける。本当はL字にする必要もない。
 ・明るい時にアバウトに置けばいいものは、実はバミる必要もない。

袖幕、中割幕、吊り物バトン等の綱にもバミリテープを貼ることができます。
リハーサルで幕のせめ具合やバトンの高さが決まったら、左右の綱の同じ高さの所にテープを 巻きます。こうすることで、袖幕が芝居中に動いたり、他校の上演で動かされたりしても、 テープの高さを合わせることで欲しい位置に再び戻すことができます。






○蓄光テープ
暗転中、・道具を入れる場合や役者の板付きの目印 ・舞台上の移動/退場時に大道具小道具にぶつからないため ・カゲ段の段差を把握 といったことのために、床や道具に蓄光テープを貼ることがあります。
大変便利ですが、あまり貼りすぎると暗転中の舞台上が星空のようになるので、数は必要最小限に。
また、本当に小さくても見えますから、米粒〜大豆粒程度の大きさで大丈夫です。
合同公演・コンクールの場合は他校の上演に迷惑なので、リハーサル時の蓄光は残さず、本番直前の幕間で 貼りましょう。

○スモークマシン
機種によっては消防署に届け出する必要があるので、ホールとの打ち合わせ時に仕様書を 持参するのがよいです。
ROSCO社製のものは届け出不要のようです。群馬県演劇部会も2台所有しています。 群馬県内の学校でコンクール、校内公演等で使用したい学校は、事務局まで申し出て下さい。

○裸火/本火
舞台上で本当に火を使うことを、「裸火」「本火」などと呼んだりします。
消防署に届け出する必要があるので、ホールとの打ち合わせ時に必ず申告します。
いわゆる炎があがる場合だけでなく、
・タバコ
・ろうそく、線香
・パーンと音が出るピストル(の火薬が発火)、クラッカー(の火薬が発火)
などはすべて届け出の対象です。
本火は絶対禁止と決めている大会、ホールもあります。その場合は、電球などで道具を作って 代用します。かがり火やたき火の炎は、赤い布と送風機で擬似的に表現することも多いようです。
○本水
舞台上で本当に水などの液体を使うことを、「本水」などと呼んだりします。
ホールとの打ち合わせ時に必ず申告します。本水禁止のホールもあります。
本水を使う場合は、使う場所でこぼれても床を濡らさないよう処理をします。 (ビニールシートを敷くなど。)シャボン玉も同様に考えて下さい。

○消えもの
劇で使用する小道具のうち、舞台上で実際に食べてなくなる食べ物・飲み物、演技中に壊すもの、 日持ちの悪い生花など、公演ごとに消耗するものを「消えもの」と呼びます。
本当の飲食を伴う演技や、本当に物を壊す演技は、床を汚したり傷付けたりすることもあるので、 ホールとの打ち合わせ時に必ず申告します。
使う場所でこぼれてたとしても床を汚さないよう処理をします。(ビニールシートを敷くなど。)