Back  上演台本  

演劇をするには、なんといっても台本から。

高校演劇の世界、特にコンクールでは、上演する台本を、既成脚本/創作脚本 の2種類に大別します。
これは、上演許可・審査(創作脚本賞)の関係で、創作か既成かという点が厳密に問われるからです。
誤解しないでほしいのですが、創作が上で既成作品の上演が下だ、という意味ではありません。
既成台本の深い解釈、演出の積み上げは創造的活動です。その点で、創作作品とまったく同等に評価されます。
他人の創意を借りながら、「自分が考えついた」と言って(におわせて)尊敬を得ようとする行為が 最も軽蔑されます(いわゆるパクリというやつです)。これは厳に慎まねばなりません。 この点に関しては、 著作権のページ と併せてお読み下さい。


○ 既成作品

--戯曲の書籍--
群馬県内で演劇の戯曲(集)を手に入れることは難しいことです。
戯曲を扱っている書店は、けやきWALKの紀伊國屋書店(前橋)、煥乎堂(前橋)、ジュンク堂(高崎)、 ブックマンズアカデミー(前橋・高崎・太田)、戸田書店(県内各地)などです。BOOK・OFFほか古書店にも、いくらかは 置いてあるかもしれません。とはいえ、高校演劇にふさわしいものはあまり置いてありません。

ネットの通信販売で購入することが手軽にできる時代になりました。 当たり外れも覚悟の上で、部員が毎年一人一冊は買う、と決めている学校もあります。 そうした中に、素敵な出会いがあるかもしれません。

大会(コンクール)では60分という制限時間があるため、それを超える上演時間の作品を選んだ場合は、台本の一部をカットせねばなりません。 それはそれでとても面白い作業ですが、実際非常に難しい挑戦です。
高校演劇のための戯曲作品としては、内容、キャストや装置の規模、上演時間、内容などいろいろな意味で、 『高校演劇セレクション』シリーズ (晩成書房)、 『季刊 高校演劇』 に収録された全国大会上演台本集などは、一部例外を除いて60分以内の作品ですから、お手頃です。 毎年開催される関東大会(各ブロック大会)や全国大会の会場では、高校演劇用の戯曲集や、 演劇に関する様々な技術資料の書籍を並べた販売ブースが出ますから、そこで入手することができます。 近県で上位大会が開催される場合は、ぜひ観劇しに行きましょう。
県立、市町村立の図書館で戯曲を借りて読むというのも一つの方法です。例えば前橋市立図書館などには、 『高校演劇セレクション』シリーズをはじめ演劇関係の図書も相当数収められています。

--(いわゆる)ネット台本--
また最近では、インターネット上に公開されている脚本も多数あります。
有名どころはなんといっても 「はりこのトラの穴(はりトラ)」 です。 また、個人のサイトで自作をアップしている作家さんもたくさんいらっしゃいます。

コンクールでは「ネット台本は評価が低い」とよく言われます。
これはどういうことでしょうか。
書籍の形になる戯曲(集)は、出版から販売までに膨大な手間暇と、かなりのお金がかかるため、 システム的にそもそも"駄作"が世に出にくい仕組みになっています。 (売れない本は誰も作りたくないですからね。)
つまり、一冊の戯曲が私達の手元に届いたという事実が、それだけですでに「多くの人々の評価を得た」証明でもあるわけです。
ところがインターネットでは、やる気さえあれば、誰でも自分の力だけで極めて手軽に作品を公開でき、 検索機能で簡単に私達の手元まで来てしまいます。 このためネット上の戯曲は、優れた作品がある一方で、完成度の低い"駄作"も少なからず見受けられます。 ネット脚本の世界は、正確に言えば「玉石混淆」の世界です。
中には、素晴らしい作品もありますよ!

--既成作品の上演許可について--
昔は、しらばっくれて勝手に上演してしまうことも多かったようです。 ですが最近は、公演情報が様々な形でインターネット(例えば学校のHP、劇場のHP、行政の広報のHPなど)に掲載され、 作者が「自分の作品が無許可で上演されている」のを知って抗議、という事態も発生しています。
そういう意味では、コンクールに限らず、既成作品の上演許可にあたっては必ず取るようにしましょう。
この点に関しては、 著作権のページ と併せてお読み下さい。

○ 創作脚本

高校演劇のコンクールにおいては(主に創作脚本賞の関係で)、
★上演する学校の現役演劇部員
★上演する学校の現役演劇部顧問
が執筆した作品についてのみ「創作作品」として扱われます。
ということは、
★3月(前年度末)まで顧問だった先生が書いて、4月に異動してしまった場合
★引退した先輩が書いて、その先輩が卒業してから現役生徒によって上演される場合
★自校で過去に創作した作品を、次年度以降に再演する場合
その作品はコンクールにおいては「既成」扱いとなるので注意して下さい。

創作作品であれば、本来著作者に許可を得る必要はないはずですが、作品中に他者作品(物語)を部分的にでも借用している場合は、 (原)作者に対して「許可」をとり、出典を明記する必要があります。
出版されている書籍を引用している場合、著作権法で認められている「引用」の範囲であれば出典の明記だけで大丈夫ですが、 歌謡曲の歌詞を台本に記載する場合については、音楽関係の著作権についても十分に留意してください。
この点に関しては、 著作権のページ と併せてお読み下さい。