Back  著作権について 

演劇を上演するにあたって、近年、高校演劇でも「著作権」に対する配慮が厳しく求められるようになってきました。 特にコンクール形式の大会では、権利者に対して許可を得ていることが証明できない作品は審査対象外となったり、 上演自体認められない場合もあります(実際、ありました)。
紙切れ一枚あるかないかのせいで、せっかく積み上げてきた稽古、装置・衣装作りほか様々な努力がムダになってしまうのでは 悔やんでも悔やみきれません。
著作権の尊重については軽く考えず、各校とも十分に注意して下さい。

  ≪全国高演協・著作権ガイドライン

  ≪著作権関係調査シート(Excel形式)※ 県大会・関東大会等で使用したチェックシートです。ご利用下さい。


○ 台本について
全国大会の上演区分は以下の通りです。
◆既成:作品を改変せずにそのまま上演する場合
オリジナルでは60分を超える作品について、細かい所をカットして60分におさめた場合も含みます。
2時間を超えるような作品を60分にするレベルの大きな変更は、「潤色」にあたると思われます。

◆潤色:脚本を改変して上演する場合
改変とは、例えば次のような処理を指します。
結末等、内容の変更〜ラストで主人公が死ぬ→生きているかもしれないと明確に示唆する
台詞の変更(方言の変更なども含む)
登場人物の増減、年齢性別等の変更
一部のシーンの変更(教室→屋上へ変更など)

◆構成:既成の脚本をもとに、場面の順番を入れ替えたり、一部を削除したりして上演する場合
潤色のところで掲げたような「書き換える」変更はせず、オリジナルを切り貼りするだけの変更については 「構成」という表記を使います。

◆創作:当該校の現役顧問・現役部員が書いた脚本

◆脚色:演劇以外の物語作品を脚本化する場合
小説、マンガ、映画といった演劇以外のスタイルで発表された物語作品を演劇化して上演することは「脚色」と呼ばれ、 高校演劇の世界では、厳密には既成作品扱いとなります。
原作者から脚本化と上演の許可を得ることが必要です。
戯曲化についての「創作」性が認められる場合、創作脚本賞の対象とすることがあります。

◆脚色?:神話、古典、民間伝承などを脚本化する場合
これらは明確な原作者が存在しませんが、高校演劇の全国大会では「脚色」の一種とされます。 脚色作品の創作性に関しては上記の通りです。
上演許可を取るべき対象(作者)が存在しないわけですから許可の手続き自体は不要ですが、 既存の物語構造を借りた脚本であることを明示し、「原作○○より、脚色〔脚本を書いた人〕」 などと表示します。

◆翻案:ストーリーは変わらないが、基本的舞台設定などを変更
すでに脚本が存在している演劇作品を参照して、大筋を変えずに、 舞台設定の変更〜アメリカ→日本、江戸時代→現代、会社→学校〜を行った場合、翻案扱いとします。 演劇作品を原作として「新たな」劇を創るという意味で、創作脚本賞の対象とすることがあります。


○ 音響について
◆JASRACとの関係
音楽著作物の多くはJASRACによってかなり厳正に著作者の権利を守られています。
BGM、効果音などを「音源」から直接出力してホールに流すことは問題ありません。
(音源=マイクで録音した自然音、購入した音楽CD・レコード等、課金ダウンロードした曲を最初に保存したパソコン)
音源(CDの曲やPCの中にある課金ダウンロードしたオリジナル)を、MD、CD−R、 WALKMANやiPod等の携帯プレーヤー、サンプラー、PCやタブレットなどにコピーしたものを「複製」といい、 本来は「個人で聴いて楽しむ」以外の利用を禁じられています。
高校演劇の世界では、
「入場料無料の公演 & 音源の実物を側に置いている & 音響リストで各曲を何秒間流すか一覧化されている」
という状態であれば、複製した音楽データからホールに音響を流してよいとされています。
  ※JASRACとの(非公式の)申合せによる。
「コピーした『複製』は『音源』と見なされないため、大会(コンクール)等では直接ホールに流せない」 という見解が平成20年度の全国高演協理事会で確認されました。

◆替え歌の問題
いわゆる「替え歌」については、作詞者の「著作人格権(同一性の保持)」に対して問題が発生した事例があります。
劇の中で、ある歌について歌詞を変えて歌うことが必要な場合は、著作権を持つ人(作詞者など)に対してあらかじめ許諾を得てください。

◆アレンジ(編曲)の問題
譜面を元にして、ステージ上で生演奏をしたりDTMを作成して使用する場合、 原曲にアレンジを加えて編曲をした結果、「著作人格権(同一性の保持)」に対して問題が発生した事例があります。
アレンジが必要な場合は、著作権を持つ人(作曲者、オリジナルの編曲者など)に対してあらかじめ許諾を得てください。


○ ダンスの振り付けについて
創意・オリジナリティのあるダンスの振り付けには著作権(に類似の権利)があります。
明らかに「元ネタ」が想起されるような振り付けを原曲意外の音楽、別の舞台作品の場面に借用する場合は、 相応の許可を得るべきかと思います。


○ 舞台装置・舞台美術について
舞台装置にも思想の表現としてオリジナリティを認めることができます。
既成作品の台本に具体的な指示があり、それをそのまま建て込む場合は「上演許可」があれば大丈夫ですが、 別の演劇作品で発表された個性的な舞台装置(の効果)を借用しようとしたり、意匠・アイディアを 借用しようとする場合は、権利者に対して許可を取ることが必要です。

舞台装置、小道具、衣装等に有名キャラクターやトレードマークを「手書き」で描いてはいけません。
手書きで描き込むことは、キャラクターの価値(例えば、かわいい感じで雰囲気をよくする等)=他人の創意を 無断で借用することを意味します。
購入したポスター等を壁に貼り付けたり、舞台上に置いたりするのは問題ありません。 (購入金額の中に、著作権者へ渡る分が課金されているため)


○ 照明について
これまで問題となった事例を聞いたことはありませんが、照明家による創意/オリジナリティある舞台照明には 著作権に類似の権利があると考えられます。 明らかに「元ネタ」が想起されるような照明効果を借用する場合は、相応の許可を得るべきかと思います。