4 人で上演できる作品(詳細)   [戻る]

題名  ポ(゚∋゚)ヒー  ※発音は「ポヒー」でOK
作者  小野里康則
上演時間  通しで約40分
キャスト  2人×6組   ※最大12人まで可
 
あらすじ  ちょっとシュールな、ショート・ストーリー集です。
   (1) 糸電話   (2) 先生スイッチ   (3) 喫茶店
   (4) 椅子取りゲーム  (5) サンタクロース  (6) 生存競争
 
上演記録  平成19年度中毛地区春季大会
ファイル    [ pohi.doc ]

題名  リュックサックは、枕元に。
作者  南雲慶輔
上演時間  約60分
キャスト  4人(男1女3.全員女でも可)
 
    内藤蘭(ないとう・らん)………気づいたら学校で遅刻していた子。ツッコミ役?
    畑中好子(はたなか・よしこ)…あだ名はスー。学級委員長。
    畑中和也(はたなか・かずや)…スーの弟。小学二年生。
    藤倉美樹(ふじくら・みき)……ボケです。何気なくムードメーカー?
 
あらすじ  女子中学生3人組が遠足前夜と当日の朝に繰り広げる不気味でシュールなサイココメディ。
  蘭が前日の夜を思い出すところから始まります。
  「年下の男の子」がキーワードです。
  キャンディーズのヒットメロディーに乗せて展開される、シュールな南雲ワールドをお楽しみ
  下さい。甘く苦いキャンディーをどうぞ。
 
上演記録  平成22年度高校芸術祭中毛地区大会
ファイル    [ ryukku.doc ]

題名  サボリバ
作者  大嶋昭彦
上演時間  約60分
キャスト  4人(男2・女2)
 
    水谷かおり(女生徒)
    辻 さなえ(女生徒)
    通称ウェンツ(留学生)
    岩尾先生(体育教師)
 
あらすじ  ボサノバのリズムに乗ってイワオがはにかむ。
  この1日を乗り切ればもう夏休みはすぐそこ。
  そんなある日の4時間目…。
  河南高校の保健室はシャベリバサボリバサウスオブリバー。
 
上演記録  平成20年度高校芸術祭県大会
  第44回関東大会(栃木大会;2009年1月) ※優秀賞
  第3回春季全国大会(自由劇場;2009年3月)
ファイル    [ saboriba.doc ]
  

題名  いぎょうのもの 〜ザ・フール〜
作者  江原慎太郎
上演時間  約60分
キャスト  4人(女4)
 
    易志田(イシダ) 「賢者様」。
    羽瀬川(ハセガワ)須々木と笹木の「先輩」。
    須々木(スズキ) 笹木といつも一緒にいる。
    笹木 (ササキ) 一見、斜に構えているが、素直な性格。
 
あらすじ  易志田は「賢者様」と呼ばれている。しかし、呼び名だけで全く尊敬されていない。
  口をきくこともできないようだ。
  羽瀬川達は何かにつけ、そんな易志田から金品を巻き上げたりしていたが、ある日、
  易志田にはオイノリを本当に叶えてくれる不思議な力があることに気づく。
  三人は、様々なオイノリを次々ときいてもらうようになるが……。
 
上演記録  平成22年度高校芸術祭東毛地区大会
ファイル    [ thefool.doc ]

題名  Khaos
作者  小野里康則
上演時間  約60分
キャスト  4人(〜7人まで分けることも可能。女3人以上。全員女でも可)
 
    中央の王/娘(女)
    中央の王の召使い/母(女)
    北海の王/娘の友達(女)
    南海の王/携帯ショップ店員/娘の担任
 
あらすじ  中央の王の素晴らしいもてなしに応えるべく、「七つの穴」をプレゼントしようとする
  北海の王と南海の王。
 
  一方、いつも仲良しの母と娘。(母は娘のことはなんでもわかっています)
 
  二つの物語が渾然と交ざり合い、やがてひとつの結末に収束してゆきます。
  それは果たして、悲劇?幸せな結末?
 
上演記録  平成24年度高校芸術祭中毛地区大会
ファイル    [ khaos.doc ]

題名  蝉丸NOW
作者  能楽「蝉丸」より原澤毅一翻案
上演時間  約50分
キャスト  6名以上(最低4名)
 
    学生
    母
    蝉丸
    逆髪1〜3(逆髪は女子で台詞なし、何人でもできそう)
 
あらすじ  学生は今日も一人お勉強。東工大に合格するためだ。
  しかし、当然のことながら身が入らない。母親はそんな彼を時々監視に来る。
  一方そのころ捨てられた皇子蝉丸は同じ空間をさまよい歩き、同様に放浪する
  姉である逆髪と出くわすのであった。
 
上演記録  平成20年度高校芸術祭中毛地区大会・県大会
ファイル    [ semi_now.doc ]


群馬の高校演劇