平成19年度 演劇部会技術講習会報告


7月7日(土)9:30〜15:30
前橋市第四コミュニティーセンター(総合福祉会館)

参加校約20校、生徒120名以上、顧問約20名の総勢140名ほどが
集合しました。

午前中は大島政昭先生による演出ワークショップで、事前に課されたミニ
台本を各学校単位で発表し、大島先生とともにそれを少しずつ練り上げる
という形式で進みました。同じ台本でも、それぞれの学校の工夫・演出に
大島先生のアドバイスがさらに加わり、それぞれ全く違った印象を受けた
作品となったのが面白かったです。
 

午後は、中村先生による創作脚本の作り方についての講義でした。今や
全国大会・関東大会の常連校の域に達しつつある山梨県立甲府昭和高校
演劇部の活動の様子もまじえ、先生が創作台本を執筆したり実際に芝居を
作ったりする上で気をつけていることなどを惜しみなく披露してください
ました。


詳細は、年度末に発行される研究紀要第42号をご覧下さい。



平成19年度 演劇部会技術講習会開催要項(抄) 日時:7月7日(土)9:30〜15:30 場所:前橋市第四コミュニティーセンター(総合福祉会館)多目的ホール    (前橋市日吉町2-17-10 Tel:027-237-0101)    ※JR前橋駅よりバス有り。9:00「小坂子荻窪公園行き」9:05「富士見温泉行き」等 日程・内容:     9:30  集合・開会式    10:00〜 大島政昭氏によるワークショップ    13:00〜 中村勉氏による講義「創作台本の作り方 他」    15:30  閉会式・解散    ※当日は、動きやすい服装、体育館シューズ、筆記用具持参。 講師:    大島政昭氏 前橋市在住。          前橋演劇祭・「とろんぷるいゆ」他にて活躍中。    中村 勉氏 山梨県立甲府昭和高校演劇部顧問。          氏の筆による創作脚本で、同校は昨年度全国大会優秀賞(「全校ワックス」)          春季全国大会出場(「靴下スケート」)を果たす活躍をしています。 [戻る]